竜宮城日誌 II
◎5月26日・平成の生まれ O型 女 ◎シュウマイの里・横浜に生息 ◎怪物・動物・妖怪娘を偏愛するまったり細々お絵かきサイト運営中。版権ではジョジョ等取扱。 ◎しかし最近はすっかり映画好き日記サイトと化している。情けなやー。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

2005/04/30(土)
クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新
講談社 2002-02


by G-Tools


金持ちと天才がゴタゴタやるライトノベル。
当初、主人公・いーちゃんの”戯言使い”というレッテルは、嘘吐きで人を惑わせるよーな恰好良い存在なのかなとか勝手に思ってたんですが、実際読んでみたらただの文句たれでした。
それに加えて、物語が「意志など無い、あと彼女ラブ」という意志ぐらいしか貫いてない駄目人間系主人公の感想や葛藤を視点に進行するので読んでいて愉快ではない。意志の無い人の話なんぞ聞いたって全く私の為にならないじゃあないか。私は自分の為になる話を聞きたい。

色々な細かい伏線を最後で繋げ、それでもまだ残ってる頑固な汚れのような伏線を「実は嘘でした」ネタでもう何度かくるくるくるっと説明させる展開もちょっと流石に読んでて飽きるかなぁ…回数あると。
あまり推理小説を読んだ事無い私でも何だか腑に落ちない偶然頼りのトリックも、まぁラノベだからな、ぐらいで。
読み易いとかキャラの漫画的な立ちっぷりがグッと来るとか色々思ったような気もしなくもないが、とにかく「主人公が嫌い」の一言に尽きますかね。無気力無感動な狂言回しの筈なのに文句が多過ぎるんだYO!
スポンサーサイト


PiCNiC

2005/04/24(日)
PiCNiC
Chara 橋爪こういち 浅野忠信 岩井俊二
ポニーキャニオン 2000-11-15


by G-Tools

頭のおかしい3人組が塀の上を歩き続けるマッタリボンヤリ紀行なお話。…なんだけど何よりCHARAと浅野忠信が結婚したキッカケとして有名な映画。
なんでも2人がこの作品の撮影中につきあい始め、その雰囲気を感じた岩井俊二監督がCHARAと浅野忠信をメインとしたラブストーリーに変更した…だとか。
まぁそれは良いんですけどね、それじゃサトル(橋爪こういち)が出てくる意味が分かりませんがな。なんか不憫だよサトル。


ブラック・レイン

2005/04/24(日)
ブラック・レイン
マイケル・ダグラス リドリー・スコット 高倉健 松田優作
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2003-12-05


by G-Tools

日本を舞台にマイケルダグラス(馬鹿メリケンデカ)と高倉健(まじめ)が組んで松田優作(ヤクザなAKUYAKU☆)とバトる話。
大阪の街並みを、毎度お馴染み箱庭撮影の鬼・リドリースコット監督が撮るとスモーク一杯チャリ一杯の不思議緊迫空間なってしまうという驚きアリ、外人はヤクザのことをヤクーザと発音するという驚きアリ、そして何より松田優作の在り得ないカッコよさに驚きのオモシロ映画。
なんてったって松田優作の遺作ですしね、まぁその死に際の鬼気迫るオーラが漏れ出しているのかもしれないのだけどね、兎にも角にも彼が演じる狂気人間にして知恵も回るという危険ヤクーザ・佐藤の存在感が圧倒的。
彼がスズキのバイクに跨って火花をギャリギャリ散らしつつ、ドスを重たく一振りすればアンディガルシアの首なんぞ胴体さんと離別の悲劇物語でございますのよ!そしてあっけにとられたマイケルダグラスの方を振り返り…ニヤリ。凄いぞあのニヤリは。あれは悪役のニヤリだ。極端な話あのニヤリを見れるだけでも儲けもんかなとか思っちゃいました。今。
オマケですが、数人出てくる各ヤクザの親分の下に何故かガッツ石松や力也が付いてたりします(台詞も割と有)。ひょっとしてギャグでやっているのか。スコット。

と言うわけで今日は、私が生まれた年に死んでしまったこの名優はやはり名優なのである事を知ったのでしたー。



鉄男

2005/04/24(日)
鉄男?TETSUO THE IRON MAN?
田口トモロヲ 塚本晋也
ハピネット・ピクチャーズ 2000-07-25


by G-Tools

いきなり俺の体が内側から金属に侵食されてるよ、なんでー?うわ、な、なんじゃこりゃあ!そんな話なんかはそっちのけ、ひたすら金属がわさわさしたり侵食したり侵食されたりを特撮やらコマ撮りアニメやらで表現しまくったサイバーパンクなビジュアル先行型白黒映画。カルト系俳優&監督・塚本信也の1989年の作品。
塚本信也というと、私は「さくや妖怪伝」の素敵な変態傀儡師役しか観た覚えが無いのでタダの変態系だと思ってたんですがやっぱりそのまんまなんですね。なーんだ、変態じゃん!(まさかのミステリーの名探偵健太君風に)

さて、テツオはテツオでも鉄男。しかしやっぱりイメージとしては『AKIRA5巻表紙の機械化してる鉄雄がちょっとやりすぎたようなビジュアル』の男2人がサシでぐちゃぐちゃとやりあう感じで、そこに実写ならではの特撮臭さがありーの、コマ撮りありーの、ノイズありーの…そして主演、田口トモロヲの苦しみ狂い痙攣演技がなかなかどうして見物です。
Amazonのレビュー見てると大体の雰囲気は解ると思いますがだがしかし、私が感じたことの中でも一番重要な事が9件あるどのカスタマーレビューにも書いていないので、一つ言っておきます。
この映画は、ギャグです。
真面目じゃない、今観たって斬新じゃない、別段トラウマ的でもない。
ネタ的には当時の流行に則ってるし、またそういうビジュアルや編集、音楽もどこまでも素敵で格好良い。それでいて(?)ネタの使い方と流れとオチばっかりは笑い無しには観れません。そこが私的に非常に愉快でした!
…皆、凄い感動を綴った真面目な評価をしてるけど、あれの面白さは笑えるトコにあるという人は割とマイノリティなんでしょうか。そんなバナナ(死語)。

とにかくどちらにせよ、AKIRA好きな方は必見の映画です。観ろ。絶対観ろー



キャンディ

2005/04/24(日)
キャンディ
エヴァ・オーリン クリスチャン・マルカン マーロン・ブランド ジョン・アスティン
アスミック 2003-12-21


by G-Tools

妙に豪華なキャストと、アゴ割れがちょっときになるけど凄い整った萌え系体型のキャンディが面白い60年代後期アホ映画。解りやすく言うとロリ顔版サイケバーバレラ。
本当にただのアホ映画なのでアマゾンの評価が割れまくりになってるのが面白いのはさておき私は割と楽しく観ました。いやまぁ私はムッチリおねぃさんの方が好みなんですがやっぱりエヴァ・オーリン可愛くてねぇ!

…でも実言うと、私的に一番ヒットしたのはリンゴ・スターな訳ですが。次いでジェームズ・コバーンな。変過ぎるよ藻前ら。



シザーハンズ

2005/04/24(日)
シザーハンズ〈特別編〉
ジョニー・デップ ティム・バートン ウィノナ・ライダー ダイアン・ウィースト
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-03-16


by G-Tools

ティム・バートン監督&ジョニー・デップの強力タッグ(言い方がダサッ)第1作目にしてウィノナ・ライダー第2作目にして映画好きの基本・大名作。
観るのは3回か4回目ぐらいかなぁ。
しかし何度観ても異形エドワードは可哀想だし馬鹿娘キムはどこまでも美人だしバートン得意のド田舎群集心理表現は気持ち悪い。
学生というああいう群集心理にかなーり近い身分の私としては(観てる間に色んな同級生の顔が浮かんでしまって)かなーり痛いです。まぁ学校出て何処に行ってもあのまんまな人だらけみたいだけど。
それの一部になりなくなけりゃぁ人生、異形は異形の生き方をしないと。という話。



過去ログうp。

2005/04/24(日)
下妻物語 スタンダード・エディション
中島哲也
東宝 2004-11-26


by G-Tools

漫画的でどこまでも前向きな面白おかしいお話でした。
公開当初はあんまり興味無かったんですが、観てみると非常に愉快になります。
キャスティングも綺麗or濃くて実力者揃いなので観てて楽しい!生瀬さんも出てます。
アイパッチ樹木希林は言うまでも無く素敵ですが、土屋アンナもなかなか。
公式サイトの写真は微妙な所だけど本編の最後のロリータファッションが非常に・・・非常に!



携帯から画像テスト。

2005/04/24(日)
20050424225036

ここらへんはヤプログに比べてちょと使いにくいかしらん。


テスト書き込み

2005/04/24(日)
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション
ピーター・ジャクソン
ポニーキャニオン 2005-02-02


by G-Tools


追加シーンの見所はやっぱりサルマンの最期。これが劇場公開版に入りきらなかったからってサルマン役のクリストファー・リー爺様がプレミアをボイコットしたという、オモシロエピソード付きシーンです。
ホビット庄でのあの間抜けな頑張りっぷりを見せる事無く、オルサンク陥落後のノリで死んでしまったあたりちょと寂しい気もしますがそこはそれ。
映画ならあの「これで最後」って雰囲気の流れでオトす方がしっくり来る気もする、もとい話が解りやすくなって良いかも知れないと思います。

つうかもうサルマンとグリマが出てくれただけでおらぁ嬉しいですだ!
あーあ、もしも世の中に増え続ける醜い高齢者達が皆クリストファー・リーみたいに格好良かったら、私、老人が大好きになっちゃうのになあ!



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。