竜宮城日誌 II
◎5月26日・平成の生まれ O型 女 ◎シュウマイの里・横浜に生息 ◎怪物・動物・妖怪娘を偏愛するまったり細々お絵かきサイト運営中。版権ではジョジョ等取扱。 ◎しかし最近はすっかり映画好き日記サイトと化している。情けなやー。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鉄男

2005/04/24(日)
鉄男?TETSUO THE IRON MAN?
田口トモロヲ 塚本晋也
ハピネット・ピクチャーズ 2000-07-25


by G-Tools

いきなり俺の体が内側から金属に侵食されてるよ、なんでー?うわ、な、なんじゃこりゃあ!そんな話なんかはそっちのけ、ひたすら金属がわさわさしたり侵食したり侵食されたりを特撮やらコマ撮りアニメやらで表現しまくったサイバーパンクなビジュアル先行型白黒映画。カルト系俳優&監督・塚本信也の1989年の作品。
塚本信也というと、私は「さくや妖怪伝」の素敵な変態傀儡師役しか観た覚えが無いのでタダの変態系だと思ってたんですがやっぱりそのまんまなんですね。なーんだ、変態じゃん!(まさかのミステリーの名探偵健太君風に)

さて、テツオはテツオでも鉄男。しかしやっぱりイメージとしては『AKIRA5巻表紙の機械化してる鉄雄がちょっとやりすぎたようなビジュアル』の男2人がサシでぐちゃぐちゃとやりあう感じで、そこに実写ならではの特撮臭さがありーの、コマ撮りありーの、ノイズありーの…そして主演、田口トモロヲの苦しみ狂い痙攣演技がなかなかどうして見物です。
Amazonのレビュー見てると大体の雰囲気は解ると思いますがだがしかし、私が感じたことの中でも一番重要な事が9件あるどのカスタマーレビューにも書いていないので、一つ言っておきます。
この映画は、ギャグです。
真面目じゃない、今観たって斬新じゃない、別段トラウマ的でもない。
ネタ的には当時の流行に則ってるし、またそういうビジュアルや編集、音楽もどこまでも素敵で格好良い。それでいて(?)ネタの使い方と流れとオチばっかりは笑い無しには観れません。そこが私的に非常に愉快でした!
…皆、凄い感動を綴った真面目な評価をしてるけど、あれの面白さは笑えるトコにあるという人は割とマイノリティなんでしょうか。そんなバナナ(死語)。

とにかくどちらにせよ、AKIRA好きな方は必見の映画です。観ろ。絶対観ろー
スポンサーサイト



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://draconaria.blog8.fc2.com/tb.php/6-c1991c84
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。