竜宮城日誌 II
◎5月26日・平成の生まれ O型 女 ◎シュウマイの里・横浜に生息 ◎怪物・動物・妖怪娘を偏愛するまったり細々お絵かきサイト運営中。版権ではジョジョ等取扱。 ◎しかし最近はすっかり映画好き日記サイトと化している。情けなやー。

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アギーレ・神の怒り

2005/07/09(土)
B00005NO7Eアギーレ・神の怒り
クラウス・キンスキー ヘレナ・ロホ ルイ・ゲッラ ヴェルナー・ヘルツォーク
ビデオメーカー 2001-09-26

by G-Tools

こちらは非常に面白いドイツ映画。ゆったりな音楽に眠気を誘われたりもしましたが、
何よりカニより怪優と謳われるクラウス・キンスキーが素敵。圧倒的な存在感は「夕陽のガンマン」の悪役の中でも一人浮いてる、良くいうと光り輝いてます。ノスフェラトゥも胸キュン。
しかしアギーレは気が狂ってるからエルドラド目指してるのか。エルドラドなんぞ目指してるから気が狂ったのか。
あー、両方か。無いもの探しの恐怖!


トゥルー・ロマンス

2005/07/09(土)
B00005V1CMトゥルー・ロマンス
クリスチャン・スレイター トニー・スコット パトリシア・アークエット デニス・ホッパー
アミューズソフトエンタテインメント 2002-09-27

by G-Tools

バカばっかり映画。途中までは楽しいが後味は悪い。ネタバレしちゃうと、”クズが生き残るから”。
とりあえずアマゾンレビューを見ると、
>主人公のアラバマが強くて可愛くて、「こんな女の子になりたいっ!」って思えます。
こういう風に簡単に騙される人もかなり多い故、それなりに人気があるようです。って、おいおいおいおい!
頭の悪いクズ売春婦なんぞになりたいと思う人がこの世にいるワケ…いや、そこらへんの設定を適当に処理してバカの目には恋愛映画に見えるように仕立て上げて、かの名作「レザボアドッグス」の資金を稼ぎ映画を製作、その後ガンガン出世していったクエンティンタランティーノに拍手、かしら。うははは(w


笑の大学

2005/06/12(日)
B0001M3XGU笑の大学 スペシャル・エディション
役所広司 三谷幸喜 星護 稲垣吾郎
東宝 2005-05-27

by G-Tools


前の日記から再掲。
爆笑&爆涙腺緩みで大変に面白かったです。
ぶっちゃけ映画館で観て泣いた映画はコレとポケモンシリーズぐらいです。泣き・笑いの素晴しいバランス!
これの原作は舞台のホンだっつう事で、舞台にはこういう緊張感と軽快さがあるんだなーと思いました。一度そういうのも観に行ってみたいなぁ。
劇中の役所広司の突然の罵声に、劇中の稲垣五郎と一緒にビビってみようと思う方は是非是非ご覧あれ。

「座布団回しをしたら射殺!」


コンスタンティン

2005/05/04(水)
B0009Z1B1Sコンスタンティン
キアヌ・リーブス フランシス・ローレンス レイチェル・ワイズ ジャイモン・フンスー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-09-02

by G-Tools

訳あって死後の旅路は地獄行き確定。それをどうにかして免れようとエクソシスト家業をばたばた続けるコンスタンティン。でも煙草の吸い過ぎで余命僅か、これはいよいよ焦ってきたぞという所に悪魔が人間界にしゃしゃり出ようという動きがじわじわ…そんなまったり映画。
まぁ簡潔に言えばゲームでお馴染みな宗教観念を基本にした禁煙促進映画なんですが、結構映画として面白かったです。
辛くても一生懸命生きるまるで健気な少女のよーなコンスタンティン(でもガキ臭くて人間性最悪)、霊感双子の片割れ、神に仕えるのが仕事のクセに物凄い自己中行動を繰り返すわがままガブリエル(だがそれが良い)、壮絶なものからセコイものまで嫌がらせという嫌がらせが大好きでその嫌笑顔の素敵なルシファー様(白スーツ)などなど、人もそうでないのも皆キャラの立ち方がなかなかどうしてナイス。話よりもキャラ萌えで見れます。
クスクスと笑えるギャグ・小ネタもありで、読後感というか観終わった後の印象も愉快でした。うはー娯楽。

あ、これから観に行く方はエンドロールの最後まで席を立たないようにくれぐれもお気をつけて。オマケ付きです。


PiCNiC

2005/04/24(日)
PiCNiC
Chara 橋爪こういち 浅野忠信 岩井俊二
ポニーキャニオン 2000-11-15


by G-Tools

頭のおかしい3人組が塀の上を歩き続けるマッタリボンヤリ紀行なお話。…なんだけど何よりCHARAと浅野忠信が結婚したキッカケとして有名な映画。
なんでも2人がこの作品の撮影中につきあい始め、その雰囲気を感じた岩井俊二監督がCHARAと浅野忠信をメインとしたラブストーリーに変更した…だとか。
まぁそれは良いんですけどね、それじゃサトル(橋爪こういち)が出てくる意味が分かりませんがな。なんか不憫だよサトル。


<< 前のページ 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。